情報収集の方法⁉圧倒的にライバルに差をつける情報収集術とは?

コンテンツを作成する前に必要なことがあります。

 

そうです。

まず先にすべきことは、です。

 

ここに時間をかける必要があります。

 

必要な情報はなにか・・・

を考え抜くんですね。

 

文章作成が苦手な人はここができないことが多いんです。

 

今回は、ライバルに圧倒的な差をつける情報収集術についてご紹介します。

 

情報の質でライバルを圧倒する方法とは

ライバルに差をつける情報収集力を身につけるには、

これこそ、「その道のプロを目指す」ぐらいの意識を持つことが大事。

 

検索リテラシー(検索する理解力)はすごく重要。

つまり、検索することで、自分の得たい情報を収集する能力を身につけることが大事なんです。

どれだけ早く情報収集して、相対的に比較することができるかにかかってきます。

 

情報収集力をつけることによって、情報のまとめ方が変わってきます。

どれだけ早く情報収集して相対的に比較することができるのかが重要であり、
ユーザーにとって知りたい情報は何かを時間をかけて徹底的に調べる。

 

文章作成が苦手な人は、書くのが苦手なのではなく、

結局のところ、文章作成に至るまでの情報収集ができていないからなんですね。

 

コンテンツ作業は情報収集したものをまとめることが必要なので、
アウトプットできるように情報収集していくことが重要なんです。

 

使えるものを使って情報を深める

情報収集をするには、様々な場所から情報を取得することができます。

例えば、

・本、雑誌、専門書
・Q&Aサイト
・口コミ
・最新情報
・実体験
・海外の検索結果

など。

必要に応じて使いましょう。

本・雑誌・専門書は、ネットに無い情報を得られます。

一冊では情報が限られるので、複数読むのをおすすめします。

 

QAサイトは抱えている悩みと回答がセットで情報を得ることができます。

通常では思いつかないような悩み、キーワードが見えることも。

 

悩みとセットで質問の数も参考にしていきましょう。

 

ただし、自覚自演のアフィリエイト目的の質問や解答が仕込まれているものもあるので、

解答欄をチェックして情報の判別をしていきましょう。

参考にするサイト

 

これらのサイトは、ノイズを外しながら見ていくのがコツです。

ニュースサイト
Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/
NewsPicks
https://newspicks.com/

良いと思われる情報を集めることができます。

 

自動的に情報が集まる無料のサービスもあります。

Googleアラート

https://www.google.co.jp/alerts

Gmailで登録しているだけでメールに情報が更新される度に自動で届きます。

 

実体験もオリジナルの情報を取得できるので貴重です。

やってみた
行ってみた
使ってみた
聞いてみた

実体験は、独自のコンテンツになります。

 

情報収集のプロは、海外の情報も参考にしています。

やはり、英語での情報は日本語より圧倒的に情報が多いです。

 

Chromeで海外Googleから検索することができます。

Google翻訳の精度が向上しているので、
英語が苦手でも無料の翻訳サービスを利用できますので、

簡単に最新情報を取得することができます。

 

リスニングができるなら海外のYouTubeも有効です。

 

その他の情報源としては、

電車の広告
電柱の広告
ユーチューバー
知人との会話
地域のサークル
カフェなどで聞こえてくる会話

などなど。

 

情報集めは「極める」つもりで徹底して入手しましょう。

当たり前のことだけなら誰でも知っているのでつまらないです。

今の自分が知っていることは他の誰もが知っていることかもしれませんよね。

インプット量、質を高めて中身でライバルに差をつけていきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

最新記事
おすすめの記事