コピーライティングとは理解されること⁉信頼関係の構築法とは?

コピーライティングの本質を知る上で大切なのは、

人は何のために生きているのか
を知ることです。

ここでぜひ

真剣に考えて欲しい

 

人は何のためにいきているのだろうか。

 

答えは見つかりましたか?

 

答えは・・・

人は理解されるために生きている

 

人は、理解されるために生きていることを認識することは非常に重要なことです。

ぜひ、
オープンマインドな気持ちで考えてもらいたいです。

 

今回は、コピーライティングの本質についてご紹介します。

 

人は理解されるために生きていることを深堀する

 

理解されたい。

それは人間的であり、極めて自然な欲求なんですね。

ぜ人は怒ると思いますか?

本当は怒りたいわけではないんですね。

ただ、
わかってほしいだけ

理解してほしいという欲求を見えないようにして、
相手に怒りをぶつけてしまうんです。

本当は自分の気持ちを理解して欲しいだけ。

 

人が武勇伝や自慢を語るのは、
自分という存在を知って欲しいから。

 

もっと深く考えると、
人はなぜSNSなどに自分が高級腕時計をつけている写真や
札束を見せる画像を送っているんでしょうか。

もし
地球上にひとりしかいなかったら、
高級時計や車を買ったりしないと思うんですよね。

ではなんでSNS上に自慢や充実した生活を送っている画像を載せようとするのか。

理解して欲しいから。

自分の存在を知ってもらいたいから。

相手も自分も行動に理解してほしいと思うからなんですね。

 

自分のことを理解してくれていると行動し始めるんです。

ビジネスも一緒。

理解できるときは人は商品を買ってくれますが、

ビジネスでうまくいかないときは
理解してくれていないから。

 

見込み客も同じなんです。

 

なので、ネットビジネスをするときは常にパソコンの向こう側も
人がいることを意識する必要があるんですね。

本質的には
コピーライティングやビジネスは
人間関係の構築で成り立っています。

人は理解するために生きている

このことを意識していれば、

相手の心の奥底も理解できるようになります。

見込み客のことを心底理解することがコピーライティングの本質と言えるんです。

 

コピーライティングは悪用されるほどパワーのあるスキルです。

時には命をささげてしまうほどのパワーがあります。

 

孤独を感じた人にアプローチするとどうなるか

 

孤独の苦しみは存在価値を感じさせてくれませんよね。

孤独を感じると

一人で泣いてしまうことことがあります。

孤独を感じるときは、

独りぼっちだと誰からもい愛されていないと感じるときがあります。

 

これが非常につらいんですね。

なたがもし
将来についての不安や苦しみなど
問題を抱えているとき、
手を差し伸べてくれる人が現れたら
どう思いますか?

本当はもっと家族のために
したいことなどがあって理解してくれるとしたら

あなたには人に言えないつらい過去があり、
恥ずかしい経験やトラウマになっていることなど
これを言ったら逃げてしまうんではないか

という話を聞いてくれる人がいたとしたら。

弱みやつらみネガティブな部分も全力で受け止める
と建前でなく本気で思いやってくれる人がいたら、
全部を受け止めてくれたらあなたはどう思うのか
どんな気持ちになるのか

 

えば
あなたの目をしっかりと見つめて

わかるよ
一緒にいるよ

全てを全力で受け止めてくれたら

 

あなたは思わず

涙を流してしまうのではないだろうか。

もし、

あなたの気持ちや思いの全てを聞いてくれる人が現れたら、
救われた気持ちになり、
人生において大切な人となる
信頼できる人

と認識するようになるのではないでしょうか。

 

もしそんな信頼のおける人から
これはいい商品だよ

と紹介されたら、あなたはどう思うのか。

 

そらく、

信頼できる人からすすめられたものは
内容にもよりますが、
自然と買ってしまうのではないでしょうか。

 

れが

コピーライティングの極意

なんですね。

相手のことを誰よりも理解して
その相手にしっかり伝えて信頼関係を築くことができれば
物は簡単に売れてしまう。

コピーライティングの本質とは

商品を売るときに考えることは、

どうやったら売れるのか

ではなく、

うやったら見込みj客のことを誰よりもを理解して
信頼関係を構築できるかが先なんですね。

最近の巷に出回っているコピーライティングの教材や風潮はここが抜けてしまい
すさんでしまっていますよね。

ただ強い単語を使って感情を煽ればいいのではないんです。

肝心なのは、
見込み客のことを誰よりも本人よりも理解して信頼関係を築くこと
がコピーライティングの本質なんです。

 

理解度レベルを知るということ

どうやってスキルを身につけるのかを考える前に

理解度レベルについて知る必要があります。

信頼を示す理解のレベルは3段階あります。

理解度レベル3の状態のとき、

人間関係に奇跡が起こります。

 

それでは、理解レベルについてご紹介しましょう。

 

理解レベル0

相手を全く理解していない
自分だけよければいいと考えている状態。

コピーライティングでは
相手がどんな気持ちか考えていないので当然全く商品が売れない。

通常、

一般的なレベルはこの理解レベル0の状態です。

 

理解レベル1

相手を理解しようとしている状態。

理解はしようとしているが的が外れてしまう。

相手には意識を向けているが相手には伝わっていない状態

いわば

ありがた迷惑な姑や

もらっても欲しくないプレゼントを贈る人

がこれにあてはまります。

 

コピーライティングでは、

読み手のことを表面的には考えているが相手には響かない状態です。
相手はプレゼントは欲しいのはわかっているが
何が具体的に欲しいかはわかっていない感じです。

あれこれしようとしているが、何も感情が動かない。
相手には全く響いていなくて首をかしげてしまう状態です。

 

なので、理解レベル1ではほとんど商品が売れない状態です。

理解度レベル2

相手が

理解されているな

と感じるレベル。

しっかりとベクトルが相手に向かっていて、
相手にもベクトルを感じている状態です。

相手の心が開いていて、親友や友達同士のレベルです。

理解されていて、

信頼されている。

信頼の度合いは人によって幅があって、信頼度合いは1%~100%と幅があります。

 

見込み客が対している感じている価値観や不安や現実など
をしっかりと理解している状態です。

信頼されている分、商品もそこそこ売れる状態です。

 

理解度レベル3

究極レベルであり、最高領域といえます。

相手への理解度は150%です。

まり、

本人でさえ気にしていなかった
繊細な部分まで理解している状態です。

150%理解されていると、

見込み客は理解されていることに対してほぼ泣いてしまいます。

不安や恥ずかしい部分の根底にある深い部分を
代弁して伝えることによって、
理解し、受け入れて伝えるレベルになります。

 

この理解レベル3の状態になると、どうなるか。

感謝のメッセージが送られてきたり、
紹介した商品を全て購入してくれたり、
頼んでもいないのにどんどん紹介してくれる状態です。

最終的にこの理解度レベル3を目指す必要があるんですね。

 

理解レベルを上げるコピーライティングのテクニックとは

 

次元を超えるコピーライティングの秘訣は
リサーチ

です。

コピーライティングにおいてリサーチは8割を占めます。

残り2割はテクニックというスパイスを加えるほどです。

リサーチが全て。

ぜなら、
メッセージを伝える相手の現実を深く理解できない限り
相手の心を打つようなメッセージは書けないから
です。

相手がどんなプレゼントが欲しいのか、

しっかりう打ち出せないと伝わらないから。

 

リサーチの仕方は、

Skypeであったり、ブログのコメントやコミュニティ内でのトークなどから
悩みや不安を聞き出します。

 

このリサーチを徹底的にできるようになれば、

たとえ見込み客に対して、押し売りしなくともリピート購入してくれる状態になります。

コピーライティングは小手先のテクニックではないんですよね。

どちらかというとマインドセットが重要になります。

理解度レベルを上げる意識の使い方とは

150%理解のスイッチを作動させるには3つのマインドセットが必要です。

信頼関係を構築する3つのマインドセット
・自分を消す
・全部受け止め受け入れる
・相手になる

自分を消す

自分のエゴを消して、

自分のフィルター全てを0ベースにする。
波ひとつ立たない水面のような状態。

 

全部受け止め受け入れる

相手の不安や悩み危機感を

逃げずに全力で受け入れるんです。

きには、
自分自身ダメージを受けることもあります。
涙することや、つらい過去などドロドロしたものも出てくることもありますが、

たとえ直面しても決して逃げないこと。

受け止める覚悟を持つことが必要です。

相手以上に相手のことを思う勇気がいる状態。

この自分を消すというマインドセットができると信頼関係ができるようになります。

 

相手になる

 

まりは、

相手と同化するということ。

自分の魂を相手にダンプするようなイメージ。

 

この3つのマインドセットがオンになると信頼関係が構築されます。

見えないものが見えるようになりますし、
見込み客の深い感情までが見えるようになります。

 

言葉として言語化できれば、

お願いだからあなたから商品を買う

価格を見なくとも見込み客は信頼して商品を買ってくれる状態になります。

 

コピーライティングは決して、

テクニックではなく純粋に相手の気持ちを理解することが必要なんですね。

No tags for this post.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

最新記事
おすすめの記事