メルマガ集客で3つの壁を乗り越ろ!情報発信のコツとは?

メルマガ集客って、情報発信として昔は流行っていたけど、
今も通用する稼ぎ方なの?

 

って、あなたは思いませんか?

私も「今頃、メルマガかよ!」って実際思ってましたw

 

 

でもね、メルマガ集客こそ、
いま求められている情報発信系の稼ぎ方だと確信しています。

今回は、そんな時流に合わせたメルマガ集客で稼ぐ方法をご紹介します。

メルマガ集客に立ちはだかる3つの壁とは

そもそも、

メルマガって、何?

ていう方のために、簡単に説明しますと、

メールマガジンを略して、

「メルマガ」です。

 

 

もともとは、

ECサイトやリアル店舗などで購入者向けに
企業がお客様向けにメールマガジンを発行して主に集客目的で活用されていたのですが、今では個人でもメルマガを発行して、情報発信するのが主流になりつつあります。

 

 

ただ、空メールでの登録など見込み客である登録者は、アカウントを複数持ちをしています。

 

 

アカウントを使い分けているので、
メルマガを配信して情報発信しても、読んでくれているわけではなく、
開封されずにほとんど読まれていないのが現状なんです。

 

よく、メルマガ集客には
「3つの壁」があると言われています。

メルマガ集客3つの壁
1.読まない (Not Read)
2.信じない (Not Berliebe)
3.行動しない (Not Act)

メルマガ集客を始める前に、
この3つの壁の理解と突破するためのスキルを身につける必要があります。

 

 

これでは、
これからこの先、
メルマガで稼げるか不安になりますよね。

 

メルマガ集客とLINE集客どちらが効率的?

なぜ、

今頃メルマガなのか

あなたは、疑問に思ったのかもしれない。

もともと集客目的で利用されてきたメルマガですが、
今、LINEに押されています。

LINEの方が既読率が高く、無料でできるので手軽で確実だと。

実際に私もLINE集客をやっていて、
2アカウント持ちで1400名超えの見込み客が参加してくれています。

確かに反応が早く、
収益につながるのが早いです。

でもね、

これから時代が変わっていきますよ。

なぜなら、
LINEもビジネスで活用していると・・・
そのうち制限がかかります。

実際に、これからビジネス使用のLINE@アカウントで一斉配信すると制限に関わらず、
お金がかかる時代になりそうなんです。

昨年頃から噂されていましたが、
いよいよ、LINE@サービスが強制移行されるようです。
最新情報によれば、

2020年1月14日~2月28日にサービス移行の予定が
発表されました。

フリープランライトプランスタンダードプラン
月額利用料0円5,000円15,000円
メッセージ配信数(無料分)1,000通15,000通45,000通
追加メッセージ料金追加購入不可5円/1通~3円/1通

ご覧いただいくと分かると思いますが、
見込み客を600名以上抱えているヘビーユーザーにとっては致命的な感じです。

なぜなら、

フリープランでは月に1000通しか流せないので、600名以上だと、1回しか情報発信できない。

なのでおのずとライトプランやスタンダードプランに変更せざるを得なくなります。

 

追加メッセージまでその都度お金を取られるとかなり痛い出費となること間違いなしです。

このことから、来年以降、メルマガビジネスは必ず見直されます。

 

 

例えば、
私が1400名の見込み客に対してLINE@を今後も同じように使用すれば、

これまで無料で使えていたLINE@サービスが、

 

スタンダードプラン加入で毎月15,000円+追加メッセージ84,000円(1,400名×3円=1通あたり4,200円)×20通利用だと・・・
毎月99,000円も負担がかかることになるんですよね・・・

 

メルマガですと、配信スタンドで私はMyASPのスタンダードプランを契約しています。

月額10,800円でアフィリエイトセンター機能がつき、配信数の上限なく、
販売管理やクレジット決済もできるので、コストパフォーマンスが高いと思っています。

 

 

 

私は我慢してまでLINEビジネスを続けるつもりもありません。

現在、LINE@に依存せず、
完全移行できるようにメルマガビジネス展開に思考を切り替えていくつもりです。

 

 

 

なので、今のうちにメルマガビジネスに目を付けたあなたは、
これからでも遅くないんですよ。

 

一緒に、これからメルマガの仕組みを作り上げ、
収入を得られるように構築していきましょうよ!

メルマガ集客の3原則とは?

さて、メルマガ集客についてですが、
そもそも、メルマガの定義とは何でしょうか?

 

まあ、
すごく簡単に言えば、

同じ内容の文章を多くのお客様に読んでもらう」ことですよね。

メルマガにも集客の3があって、
これを意識すると集客効果が発揮されます。

①専門性を持つ

例えば、通っている整骨院があるとすれば、
お客様は腰痛肩こりなどの悩みで通院したとします。

あなたが、そこの整骨院のスタッフだとすれば、
メルマガを発行する目的はお客様に来店してもらうことです。

来店してもらうためには、メルマガの内容は、
体の悩みやコリの解消などの話を中心に文章を書く必要があります。

専門家として非日常的な情報を取り上げてあげることで自然と
専門的な内容になってきます。

お客様もその内容を求めるようになります。

②継続する

心理学的に言うと、単純接触効果を活用します。

人は、接触回数が増える度に、印象や好感度が良くなる

という現象を利用するのです。

 

効果を感じる場面では、
恋愛だったり、
テレビCMなどがこれに該当します。

 

あなたも心当たりあるのでは!?

 

メルマガ集客においても、
この単純接触効果が期待できます。

例えば、文頭や文末独に独自の挨拶やひとクセつけたり、

決まり文句で印象付ける。

特に文末最後のフレーズは特徴付けやすいです。

例えば、

・じゃあの!
・ではでは。
・では、ちゃお!
・素敵な一日をお過ごしください!
などなど。

 

文末だけで誰からのメールかわかるぐらい印象づけることができれば、単純接触効果にハマってます。

③可読性がある。

可読性とは、

明確で分かりやすく、ストレスなくスラスラと読める文章
です。

専門用語ばかり使われた文章では、
分かりにくく、伝わりにくいのでストレスを感じますよね。

なので、
お客様が読んだとき、

自分向けに書かれた文章だ

と思わせるような文章を継続的に情報発信できるように意識することが重要です。

メルマガ集客においては、
このメルマガ集客の3を念頭に意識してメルマガを書くと開封率もアップし、メルマガ内でオファーをかけても信頼され、
購入してもらえる確率もグンッと上がりますよ。

 

No tags for this post.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

最新記事
おすすめの記事