記事書き方のコツは?圧倒的なアクセスを集める3つの方法とは?
Red pencil standing out from crowd of plenty identical black fellows on white table. Leadership, uniqueness, independence, initiative, strategy, dissent, think different, business success concept

記事の書き方で圧倒的なアクセス数を集めるにはどうしたらいいのだろうか。

ブログを始めて、
記事の書き方を学んでも、実際にはなかなかアクセスは集まらないですよね。

 

では、どうすれば、
人気記事を作り、アクセスを集められるのでしょう?

 

 

今回は、記事の書き方ひとつで圧倒的アクセスを集める3つの秘訣についてご紹介します。

 

記事タイトルに全力を上げる

 

人気記事を作るには、
ある程度キーワードを狙う、
キーワードを意識して書くことでアクセスアップを狙うことができます。

 

私の場合、

記事の書き方は
下書きの段階で狙ったメインキーワードを
グッドキーワード」でキーワード検索をかけて絞り込みます。

 

グッドキーワード

https://goodkeyword.net/

 

4語までキーワードを絞ることができたら、
実際に狙った候補のキーワードGoogle検索にかけて
上位のライバル記事のキーワード数をチェックしてから
意識して記事作成するようにしています。

 

ここで、記事を下書きする際は、
タイトルに関しては仮決めにしておくことです。

 

記事をひととおり下書き出来たら、
タイトルを再考します。

 

 

アクセス数アップを狙ったキーワード設定ばかり追いかけると、
超普通なタイトルで魅力を失いかけないので、
タイトルは記事下書き後に時間をかけて決めていきます。

 

 

記事タイトルの候補をいくつか列挙して、
魅力的なタイトルを決めていきます。

 

ポイントは、
あなたが、読者だったら、
目を引くタイトルはどれか

 

読者目線を基準にして記事タイトルを決めると、
アクセスアップにつながる人気記事のタイトルを付けることが出来るようになります。

 

 

記事入魂で記事を書く

 

いくら目を引く記事を書けたとしても、

記事タイトル負けした本文だと訪問してもらえなくなりますよね。

 

極端な話、

記事内容がつまらないと
もう二度と訪問してもらえなくなるかもしれない。

 

 

こうなってしまっては、
アクセス数アップどころではなくなってしまいます。

 

 

一記事入魂の目安は11000文字。

 

 

ある程度記事内容を充実させるには
最低でも1記事1000文字のボリュームがないと
しっかりとした記事内容になりません。

 

 

アクセス数アップを目指すなら、
1000文字以上の記事内容を意識して書くようにしましょう。

文章力アップにもつながりますよ。

 

 

アクセス解析で効果検証する

 

ただ記事を書いただけでは、
どの記事内容、タイトルにアクセス数がアップしたのかわかりません。

 

アクセス数が上がった記事を効果検証する必要があるんですね。

 

ビジネスと同じですよね。

しっかりと原因分析する。

 

 

効果検証を繰り返し、
アクセス数アップにつながるような
記事タイトル、内容を増やしていく。

分析が大事です。

 

記事作成に完璧はないので、

テストを重ねていく必要があるんですね。

 

 

以上、記事を書いてアクセスアップにつながる3つの方法についてご紹介しました。

 

同じような記事タイトルをつけても結果がちがう。
アクセスが集まったか検証すれば傾向が見えてくる

 

アクセスの多い記事の傾向が見えてくる。
人気記事を参考にして記事タイトルを書くと次回以降もアクセスを見込める。

分析していくと、どういう記事が人気かアクセス解析をして判断する。

 

新しいパターンをテストしてみて修正改善を積み重ねていくことが大事なんですね。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

最新記事
おすすめの記事