プロダクトローンチは○○がポイント⁉その手順とは?

プロダクトローンチの手法はセールスする前に結果が決まります

 

それはなぜか。

プロダクトローンチはセールスの要素を消して商品を売るのがです。

 

大事なのは、セールスの戦略です。

 

つまりは準備することがポイントなんですね。

 

=戦略

 

準備ひとつで結果が左右されてしまいます。

今回は、プロダクトローンチにおける準備とその手順についてご紹介します。

 

プロダクトローンチはどんな準備がポイントなのか

プロダクトローンチを実践するにあたり、

一体どんな準備が必要なのでしょうか。

 

デザイン性に優れたランディングページやセールスレターなど

媒体物の準備は欠かせません。

 

それ以上に大切なもの。

それは

です。

 

準備で一番大切なものはリサーチなんですね。

 

ターゲットとなる見込み客に購入者になってもらうためのリサーチが重要になります。

 

プロダクトローンチでリサーチする方法とは

 

見込み客が購入者となってもらうためには、

リサーチが大切です。

見込み客のニーズを見出すリサーチを行うことから始まります。

 

 

えば、

痩せたい、モテたいなど見込み客が感じている願望や不安や悩みを

リサーチから見出す。

 

では、どうやってリサーチしていくのでしょうか。

 

 

あなたの見込み客がメルマガ読者であれば、

「コメント下さい」と伝えてメッセージを受け取り、

コメントを返信しながら

見込み客の悩みなどを集計する。

 

 

または、「あなたの悩みを教えてください」

「感想を書いてくれた方には特典を差し上げます」

などとゲリライベントをやるのも効果的。

 

 

とにかく見込み客の悩みを聞き出し、

どんな悩みを抱えているのかを直接聞き出すことで、

そのニーズに合った商材を作り出すことができます。

 

 

極端な話、どんな商材を販売するのかを決めないでおいて、

見込み客の反応を見ながら商材を作り上げていくなんてこともできてしまいます。

 

 

プロダクトローンチでレスポンスを見ながらリサーチしていくパターンもあるんですね。

 

 

準備ひとつで結果が決まってしまうので、

どのようなリサーチをしていくのかが重要になります。

 

 

価値提供とセールスを一体化したコンテンツの作り方

 

価値×

一体化するコンテンツを作り上げる方法は、

まず見込み客にいい商品(コンテンツ)を届けることです。

 

 

コンテンツというのは、

動画であったり、PDF化したテキストです。

 

動画やPDFのテキストを配る目的は、

次の商品を買ってもらう狙いがあります。

 

常に次の商品を買ってもらうには、

例えば10万円の情報商材を購入してもらう目的であれば、

さらに付加価値が付くコンテンツを提供すること。

 

よりクオリティ高いコンテンツを作る必要があるんですね。

 

全ては、見込み客に

購入するという購買行動をとってもらうために

教育動画などのコンテンツを提供していきます。

 

次の行動を起こしてもらうための価値を伝えていくんです。

 

 

そして、購入してもらって終了ではありません

 

商品を購入してもらってから、

次の行動を起こしてもらう為にさらなるコンテンツを提供する。

見込み客に商品を購入してもらう手順とは

 

あなたは、ひとつの商品を購入してもらうことで満足していませんか。

 

ひとつの商品を購入してもらって終了ではなく、

次の商品も買ってもらう発想が大切です。

 

つまり、入り口を広くとって、出口を狭くする発想です。

 

フロントエンド→ミドルエンド→バックエンド

と呼ばれる手順です。

 

えば、

フロントエンドで10万円の商品を購入してもらう。

その後、教育動画を経て30万円のミドルエンド商品を購入してもらう。

さらに50万円のバックエンド商品を購入してもらう為にさらなるコンテンツ提供をしていく。

 

この発想で、通常一人10万円の収益が一気に90万円までひき上がります。

 

常にバックエンド商品まで買ってもらう為にクオリティの高いコンテンツを提供し続けるわけです。

 

まずは、フロントエンドで行動を起こしてもらう

 

 

プロダクトローンチの手順について

 

ここまでプロダクトローンチについてお話ししてきましたが、

全ては見込み客にフロントエンド商材を購入してもらわない限りは

次のステップに進めません。

 

まずは、フロントエンド商品をいかに見込み客が「購入する」という

購買行動を起こしてもらうためのコンテンツ提供が大切です。

 

見込み客に提供するコンテンツは、今手元に無くったって大丈夫です。

まずは、リサーチです。

 

リサーチした上で、見込み客の悩みや願望、不安を聞き出し、

解消する商材を作り上げていけば、

見込み客が「欲しい」と思わせる商品を提供することができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

最新記事
おすすめの記事