プロダクトローンチのポイント⁉成約率を上げる4つの手順とは?

なたは、プロダクトローンチをご存知だろうか。

ネットビジネスで商品を販売する場合、
3つの問題に直面します。

ネットビジネス3つの問題
・集客
・教育
・販売

ネットビジネスで商品を販売するためのポイントは、
見込み客を集客し、商品について知ってもらう(教育)、
商品を購入する行動を起こしてもらう(販売)
という一連の流れがポイントとなり、成約率を上げるための問題があります。

 

このネットビジネスで商品を販売するためのポイントを押さえ、

全てクリアされた手法がプロダクトローンチなんです。

 

 

今回は、プロダクトローンチのポイントと成約率を上げる手順についてご紹介します。

 

プロダクトローンチとは

プロダクトローンチとは、ロケットの発射台をイメージして下さい。

プロダクト・ローンチとは
プロダクト→商品・サービス
ローンチ→打ち上げる・放つ

つまり、プロダクトローンチという言葉はロケットの打ち上げに見立てています。

打ち上げるのは売上です。
そして商品の売上が爆発的に上がるのがプロダクトローンチというわけです。

プロダクトローンチのポイントとは

ロダクトローンチ最大のポイントは、
プロダクトローンチというのは売り込みをしなくていいということ。

 

プロダクトローンチ(PL)を理解するには、
まずネットビジネスの手法の歴史を理解する必要があります。

 

 

まず、市場規模の推移を見てみましょう。

日本におけるインターネット利用者の推移です。

1997年のインターネット人口はおよそ9.2万人普及率は37.1%でした。
そして、およそ20年後の2016年にはインターネット人口が1億人を突破し、
普及率83.5%となっております。

 

 

インターネットが普及するについてEC市場規模も急激に伸びています。

 

1998年市場規模は
およそ650億円だったのに対し、2018年には18兆円にまで急拡大しています。

 

 

 

ECサイトの市場規模はたった20年間で277倍に伸びているんですね。

 

 

然、これだけ急拡大している市場規模は、
年々様相が変わってきます。

ことネットビジネスにおいても例外ではありません。

ネットビジネス手法そのものに時代の変化とともにビジネス形態が変わってきているんです。

ネットビジネスの世界(先行者利益)
2000年~ネットを使える人
2005年~マーケティング
2010年~ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)→セールスレターを読んでもらい反応を取る方法
2015年~プロダクトローンチ(PL)

プロダクトローンチの目的とは

ロダクトローンチの目的は
販売すること(稼ぐこと)

 

 

販売のついて必要な要素は、
セールスとマーケティングです。

セールス→自分から
マーケティング→相手から

 

 

プロダクトローンチという手法は売り込みはしません
見込み客から来てもらうんです。

 

 

プロダクトローンチはなぜ必要なのか

プロダクトローンチは激化する情報化社会の中で見つけてもらわなかればならない。

見込み客から来てもらう、見つけてもらう必要があるんですね。

見つけてもらうための手段を考えるのが「プロダクトローンチ」なんです。

 

 

どうやって見つけてもらうのか。

 

 

それは、
あなたの存在を知ってもらって価値を与えるんです。

 

存在を知ってもらうために価値を与えることによって、
信頼関係の構築を有効活用できるんですね。

 

 

販売は単価・本数・売上から成り立っています。

 

 

プロダクトローンチは単価を上げることができますし、

成約率を上げることもできます。

 

 

そうです。
レバレッジ(利益率)を高めることが出来るんですね。

 

 

価値提供を与えることによって対価を得るのがプロダクトローンチです。

 

 

 

プロダクトローンチを学ぶことによって、
マーケティングの原理原則もセットで学ぶことができます。

 

 

経済と経営は学問なので大学など学校で教わりますが、
マーケティング(プロダクトローンチ)は売上を上げる理論について
学問ではないので学校では教えてくれません。

 

プロダクトローンチの手順とは

では、プロダクトローンチの手法はどのような流れで商品を販売していくのでしょうか。
その手順を見ていきましょう。

プロダクトローンチの手順

①ランディングページ(リスト集め)オプト(承認する)メールアドレスを取得する

②ステップメール
・情報発信
・価値提供

テキスト+動画
エンド→商品を販売する

③動画(メール)

④セールスレター(SL)
入口と出口を用意する
アクションを起こしてもらう

 

今や情報化社会と呼ばれている中で、
ただリンクを貼って販売するだけでは商品は売れません。

 

商品を販売し、成約率を上げる為には、媒体を駆使する必要があるんですね。

良い情報と悪い情報が混在していて、
仕掛ける方法も複雑化しているので現在はプロダクトローンチが有効といえます。
まずはプロダクトローンチ全体の流れを理解することからはじまります。

 

 

プロダクトローンチがもたらすメリットとは

では、
プロダクトローンチにはどんなメリットがあるんでしょうか。

プロダクトローンチ3つのメリット

①売上(稼げる)

②インターネットビジネスの基礎が短期間で学べる

③リストが手に入る
・見込み客
・ファン

 

プロダクトローンチをすることによって、
濃いリストが多数、一気に手に入るのがポイントです。

 

このリストはあなたの資産となります。

 

プロダクトローンチを行うと、
あなたのファンが見込み客となるからです。

 

 

 

あなたの商品に少なからず興味を持ち、
登録したメールアドレスは、反応が見込めるリストだからです。

とえ、
プロダクトローンチによって見込み客があなたがおすすめする商品を購入しなくとも
成約率につなげることができます。

 

 

 

プロダクトローンチの手法を身につけるポイントは、
成約率を上げることができるとともに、濃い属性のリストも取得することができるんですね。

No tags for this post.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

最新記事
おすすめの記事