40代現役サラリーマンの副業一発逆転の資金調達法とは

あなたは、40代の現役サラリーマンで副業を始めてから少し負い目を感じているかもしれない。

 

 

 

なぜなら、空前の副業ブームで今や若い世代、
それも20代前半での起業は珍しくなくなった。

 

 

高校生でネットビジネスを始めて月に100万円以上稼ぐネット民が存在する時代だ。

 

 

そんな競争激しいネットビジネス業界で副業として始める40代現役サラリーマンは、
太刀打ちできるか不安に思うのは当然だと思う。

 

焦って、焦って、稼ぐ方法を見つけたいのは理解できます。

 

 

あなたがもし、現役サラリーマンであるならば、
あなたは最強の武器をお持ちになっていることをお気づきだろうか。

 

 

そう、あなたは「社会的信用」という今後資産となる最強の武器をすでに持っているんです。

 

社会的信用をお金に変える⁉40代現役サラリーマンでも資金0円で始める投資とは?

40代現役サラリーマンは、特に貯蓄がない!!

 

私がそうだったから笑

 

生活環境によるとは思いますが、
年頃のお子さんを抱えていると、
塾代だの、学費だの、
持ち家のローンなどもろもろ
経済的負担がかかりますよね。

 

40代が特に重い。

 

 

ハッキリ言って、貯蓄0円!

はザラです。

 

老後、公的年金が一人当たり2,000万円不足すると言われる中、

不安で不安でたまりませんよね。

 

 

でも、
40代現役サラリーマンだからこそできる投資があるんです。

 

 

あなたがもし、
40代前半で年収250万以上持ち家ローンを除く
借入額が年収の3分の1以下でしたら、手出しなしで
300万円以上のキャッシュバック付き不動産投資
を手に入れることができる可能性があります。

 

 

 

つまりは、40代現役サラリーマンの強みを最大限に活かし、
社会的信用をお金に変えるんです!!

 

 

社会的信用をお金に変える40代サラリーマンの逆襲とは⁉

 

まず、40代現役サラリーマンが副業を始める最初の第一歩は、資金調達です。
これを全力で行う。

 

なぜか。

 

この資金調達方法は、
社会的信用の薄い20代の若者や個人起業家は投資をしたくてもできないからです。

 

社会的信用のある40代現役サラリーマンでしかできない投資が不動産投資なんです。

しかし、不動産投資は年齢制限もあります。
45歳を過ぎると投資用の融資を受けずらくなるんですね。

 

 

ですから、

今でしょッ!!

古っ!

45歳までに何としてでも不動産物件を手に入れることをおすすめします。

 

40代現役サラリーマンがまずすべきことは、
不動産投資で300万円以上の資金調達を全力で狙うことです。

 

「300万円以上」としたのは、
年収1,000万円以上でいわゆるホワイトの方(ローンの遅延の無い方)
は、区分で2~3区分は狙えるからです。

 

3,000万円以上の物件で
キャッシュバックが300万円×物件数

になります。

 

 

社会的信用を利用した不動産投資方法は、
40代現役サラリーマン最大の武器になんです。

 

 

不動産投資は何だか不安⁉知識0状態でも安心な理由とは?

不動産投資というと、大きな融資を受けるので不安ですよね。

 

投資用融資となると、ひょっとしたら
あなたの持ち家よりも大きい金額の融資を受けるかもしれない。

 

 

まずあなたが不安に思うことは、

借主が継続して住んでくれるのか、融資の返済が心配
ではありませんか?

 

 

私自身は、当初このような心配をしていました。
でも、信頼できる業者を選び、適正な物件を選べば問題ありません。

 

信頼できる業者とは、個人投資家の知人の紹介で
私自身太陽光投資でもお世話になっている業者とお繋ぎすることが出来ます。

 

レントロールといって、
利益のシュミレーションなど向き不向きをアドバイスしてもらえるのはもちろん
サブリース契約も組めるので安心です。

 

何より、キャッシュバックとして契約が決まれば
区分で3,000万円以上の物件の契約ごとに300万円のキャッシュバックが入るのは大きいです。

 

 

普通の業者はこのような裏技的な契約はできませんから。
依頼しても断られてしまいます。

 

 

サブリース契約とは、契約した業者が管理を代行してもらえ、
たとえ借主がいなくなってもその間も家賃は入り続ける契約になります。

その分当然、
業者も利益を損なうので必至に借主を探しますので問題ないです。

 

サブリース契約になると、もちろんその分の家賃収入は減りますが、
管理が面倒だと思われる方や遠方の方ですと、サブリース契約がおすすめです。

 

 

ご自身で管理して収益を上げたい方は、もちろん、通常の契約ができます。

40代現役サラリーマンが不動産投資をする最大のメリットとは⁉

 

不動産投資で不安なのは、
やっぱり融資の返済ですよね⁉
でも、考えてみて下さい。

 

あなたが返済するんじゃないんです。
借主に返済してもらうんです。

 

 

 

40代現役サラリーマンが不動産投資をする最大のメリットはここです。

家賃収入で毎月返済して、なおかつ契約時に一軒あたり300万円もの
キャッシュバックをドカンっと手にする。

 

これが社会的信用を手にした40代現役サラリーマンの醍醐味ではないでしょうか。

 

不動産投資は100%安全でノーリスクなのか?

 

もちろん、投資に100%はありません。
何らかの事情でマイナス収支となる場合もあります。

 

不動産投資は業者選びが肝になります。

 

 

私が選んだのは、そもそも起業家の知人からの紹介を受けて、
何社が紹介をもらっています。

 

その中から相性のいい業者を選び、
実際に昨年は一棟物件を狙いました。

1.8億円融資で商業用一棟物件を購入寸前のところでスルガ問題で他行でしたが
融資が降りなくなり、一棟物件を断念した経緯があります。

 

 

不動産オーナー経営で不労所得を狙っていたんですけどね・・・

 

今年になってからは、
太陽光投資物件1件取得と不動産物件区分を1件予約中(第2候補)
で実際に都心駅近10分以内のアパート物件を狙っています。

 

 

一つ言えるのは、たとえ失敗しても、
現物資産として手元に残るのは間違いなくローリスクです。

 

 

というのも私は、
これまで株式投資やFX、

つい3年前にはHYIP投資などで失敗してきました。

 

 

投資して、これまで蓄えてきた資産が一瞬で全て消えたんです。

 

 

このような経験もあるので、不動産投資は現実的でハードルが高い分、
手に入れる価値のある資産ともなります。

 

不動産物件はどのくらいで取得できるのか?

 

不動産物件は、あらかじめ物件が用意されていてスムーズに取得する物件が決まれば
およそ2か月で取得できます。

 

取得する際には、様々な書類が必要になりますが、
まずご自身で用意すべきものはCICと呼ばれる信用情報の取得です。

不動産投資をするとなったら、
まず取得しなければならない書類となります。

その他に関しては、業者の説明を受けてからの用意となります。
過去3年間の減収徴収であったり、確定申告書、住民票であったりします。

取得状況によって、必要書類が異なるので、

不動産業者に投資用物件の必要書類を事前に聞いておきましょう。

 

地域外の物件取得を狙う場合は、
本人だけで住民票の移動など裏技的な提案もありますので、
業者の説明、アドバイスを受けた上で取得をしましょう。

 

 

もし、あなたが本気で不動産投資を検討されているのでしたら、
私の信頼できる知人と不動産業者をご紹介することができます。

グループLINEを組んで、詳しくご説明してもらえますので、ご興味あれば訪問してみて下さいね。

 

 

合言葉「ふどうさん」
https://line.me/R/ti/p/%40het0047i

あなたがもし、これから脱サラを目指すのでしたら、
ぜひその前に社会的信用を120%利用してからお考えになることをおすすめしますよ!

No tags for this post.

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

最新記事
おすすめの記事