キーワード選定で競合しないブルーオーシャンはない⁉報酬は?

キーワードとは、あなたにとってどんなイメージがありますか?

キーワードは、報酬の発生源ですよね。

なので、

=お金

 

と解釈できます。

しかしながら、キーワード選定において、今や競合しないブルーオーシャンなどありません。

 

では、なぜキーワードを選んで報酬が発生するかというと、

感情を理解できるかどうかで競合をかわすことができるんですね。

 

検索して自分のページにアクセスしてきた見込み客に対して、

誰がどのように考えて訪問してきたのかを理解したページができているから成果が出るということです。

 

キーワードと聞いて、ただの文字の並びと考えるのではなく、

感情だと認識すると、選定しやすいです。

今回は、キーワード選定で競合に打ち勝ち報酬を得る方法についてご紹介します。

報酬獲得までの4つの道のりについて

 

ここでは、サイト報酬発生までの手順を確認していきます。

1.案件を決める

まず案件をきめるところからすたーとします。

売れているものを選び、どのような広告がいいのかを決めていきます。

 

2.キーワードを決める

案件に適したキーワードを俯瞰して決めます。

ここで誰がなぜ検索してきたのかを考えられるようにしましょう。

キーワードはコンテンツ作成につながる作業になります。

3.サイトを作る

キーワードに沿ったサイト、ページを作成します。

4.集客する

作成したサイトやページに集客をかけます。

 

 

ひとつひとつがバラバラではなく、

繋がっているイメージです。

特にキーワード選定作業は重要です。

ここで失敗すると、最後まで失敗してしまうので、キーワード決めは大変重要になります。

 

アフィリエイトで最初に取り組むべきキーワード選定とは

 

最も重要なのは最初の成果を出すことです。

そこでおすすめなのは、

商品名キーワード

です。

 

最初は全体の流れを覚えて成果を積んでいくひつようがあります。

繰り返しの中で感情を読む力がついてきます。

 

最初は「商品名キーワード」がおすすめなんですね。

悩みキーワードは感情の理解が必要なので、商品説明がめいんとなります。

 

関連キーワード付きで狙っていきましょう。

設定するキーワード例

「商品名」or「サービス名」or「企業名」
「商品名・サービス名」+「タレント名」「タレント名」+「商品名・サービス名」

関連キーワードの例
口コミ、評価、効果、楽天、Amazon、公式、店舗、成分、解約など

 

Googleの検索結果の一番下に関連キーワードがひょうじされていてば、必ず参考にしてください。

 

まずは感情を読み解く力を育てていくことが大事です。

キーワードを検索する際は、

必ずGoogleで検索してください。

Yahoo!の検索エンジンもGoogleの検索エンジンを使用しているので、

大元のGoogleを検索すること。

 

 

キーワードは「情報」を探したい「」と理解することです。

その行動の大元となる感情に目を向け続ける必要があります。

 

目線は常に「誰?」「なぜ?」へ
何を知りたいのか、何を見たいのか

最終的に検索数も含めてキーワードを決めていきます。

 

このキーワードの選定力が成果の差になっていくのです。

パソコンに向かうのではなく人に向かい合うことが必要なんですね。

 

商品名キーワード以外の狙い目キーワードの探し方

商品名キーワードの現状なんですが、

商品名、サービス名のキーワードは成約率が高いです。

関連キーワード付きの場合は上位表示を狙えます。

 

ただし、
キーワードが少なく競合もしやすいので、

その手前の悩みキーワードを狙って、関連キーワードも設定します。

商品名キーワード狙いのデメリット

商品名キーワードのデメリットなんですが、

商品名のみ狙いは競合しやすいことです。

商品名キーワードにブルーオーシャンはないんですね。

 

また、紹介していた案件が終了すると、

と一緒にサイト、ページも終了してしまいます。

紹介していた案件が終了となった場合、

他案件をプッシュしても成果につながりにくくなります。

 

商品が売れる時期などのサイクルによって、売れなくなる時期もあります。

 

悩みキーワードを狙うメリットとは

逆に、悩み系のキーワードを狙うメリットなんですが、

案件が終了となっても、他案件に載せ替えやすいです。

共通する悩み案件であれば、たとえ紹介している案件が終了となった場合でも

乗り換えることが可能です。

 

キーワードの段階が上がると報酬が伸びます。

つまり、3語キーワードで設定したものが検索上位になると

2語キーワードでも上位表示されるようになり、アクセスが伸びます。

狙うキーワードのイメージ

では、どんな悩み系のキーワードを狙うべきなのでしょうか。

 

それは、

ニーズの具体的な悩みキーワードです。

 

商品名キーワードでニーズの近い悩みキーワードを狙っていくのがベストです。

 

悩みキーワードで報酬を獲得するには、

キーワード=
を理解していることです。

報酬発生までの流れ
キーワード=感情を理解している

感情を読み取ったサイト(ページ)で待ち構える

適切に誘導する

 

感情を知るために検索して情報を探し続けられるかどうか。

それを繰り返せるかが大事です。

 

キーワード=

が分かっている人は

検索行動をした人のことを想像することができています。

 

その悩みの原因や解決法の情報から「誰」を探すこと。

 

見つけた「誰」に向けてさらに情報を深めると、

結果、見込み客に響くコンテンツを作成することができて、報酬獲得につながります。

 

パソコンの向こう側の誰を見続けることができるんですね。

 

興味を持ってキーワードを広げることが大事です。

 

日本語には複数の似たような意味を持つ言葉が多いですよね。

そこから報酬発生できるキーワードを選ぶ力が必要です。

 

雑学的に意味や言葉を広げる行動を繰り返して自分辞書を広げるんですね。

 

例えば「体重を落とす

体重を落とす類義語
減量、軽量化、ダイエット、シェイプアップ、ぜい肉を落とす、減量する、ダイエットする
体重を減らす、ウェイトを落とす、体重を減量する、体重を落とす、脂肪を燃やす、ぜい肉をそぎ落とす、
体を絞る,脂肪を燃焼させる、ぜい肉を減らす、体を引き締める

検索する人はこれだけ検索されるってことです。

 

ただ単に、「体重を落とす」のは、ダイエットだけの表現ではないんですね。

体の部位や、いろんな方法、
数字なども付けることもできます。

ブルーオーシャンはないと認識すべきです。

悲しいことですが、ブルーオーシャンなキーワードは今やほとんどありません。

 

こだわって探し続けると時間だけがどんどん過ぎていきます。

完全に穴の空いているキーワードはないと理解した方が心理的に楽で時間も無駄にしないで済みます。

 

始めからある程度ライバルがいることを想定して、
ある程度時間をかけて上位表示を目指した方が現実的なんですね。

ただし、ライバルのいないキーワードを見つけた場合は複数サイトを作って独占を狙っていきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

最新記事
おすすめの記事