コピーライティングで信頼されるには、〇〇を起こすこと⁉

コピーライティングで信頼されるには、「ストーリー」がキモとなります。

信頼されるには、どこで接点を作り

 

どういう情報を得てどの段階で商品を渡すのか?

 

 

コピーライティングで信頼されるには、全てが一致している必要があるんですよね。

 

コピーライティングで信頼される前に多くの場合は、
商品を販売する側と
商品を購入する側の価値観はズレてます。

 

あなたは、
設定したターゲットに対して、
自分が提供するサービスが一番だと思っていても、
購入する側にとっては、違うということなんです。

 

価値観を共有するストーリー

・まずは興味を持ってもらう

・前提知識を共有しながら
共通認識を確認し、情報を伝えていく

・共通項を提示することで共感が高まり、
信頼を深めることにつながる

 

この一連の「価値観を共有していく」ストーリーの中で

これは私にとって必要な商品だ

と必要性を実感してもらいます。

 

 

 

今後必要性を感じるストーリーを作成することで
オファーが通りやすくなります。

 

 

成約率も格段に上げることが出来ると思います。

 

当然、このストーリーを組み立てるには、OATHフォーミュラの
それぞれのフェーズによって設計が変わってきます。

 

〇〇で信頼を獲得できる方法とは

もっとも信頼を獲得できるのは、
「価値観や考え方が変わった!」という感情です。

これをパラダイムシフトといいます。

人は、パラダイムシフトが起こると
きっかけを与えてくれた人に対して
絶大な信頼を寄せるようになります。

 

もっと言うと、
パラダイムシフトを起こさなければ、
商品は売れません。

 

「変わった!」という衝撃が多ければ多いほど
衝撃を与えてくれた人への信頼になるんですね。

 

例え、

与えた衝撃が小さくても、

長期的に与える量が多ければ
それは大きな信頼になります。

 

 

多くの人は、「すぐに稼げる方法」を知りたがります。
しかし、稼げる方法を追えば追うほどお客様とのズレが生じてしまうんですよね。

 

 

それは、
稼ぐようになるには、
お客様に「」されなければ稼ぐことができないから。

 

 

 

稼ぐ前に・・・

あなたは他人に信頼されているのでしょうか。

 

稼ぐ前にやるべき本当の近道とは?

稼ぐノウハウを身につける前に、
あなたのやるべきことは、

「お客様に心から信頼してもらう」ことなんですね。

 

 

稼ぎたい気持ちは分かりますが、
自分の利益は後からついてきます。

 

実は、私もネットビジネスを始めて間もない頃、

小手先のうたい文句の「ワンクリックで」とか

「初月で100万稼げる」というキャッチコピーにひかれて商品購入してしまった過去があります。

 

こんな自分の利益しか考えていないビジネスは、

たとえ一時稼げたとしても、

長続きすると思いますか?

 

 

購入者は商品購入後、

買ったことに対する公開と、

自分への罪悪感を抱えてしまいます。

 

 

まずは自分の利益はおいといて、
信頼構築に力を入れてみませんか。

 

お客様との信頼構築を第一に考えることこそが、

遠回りのようで、最短の近道になるんです。

 

信頼を構築するコピーライティングとは

それでは、信頼を構築するコピーライティングとは

どんなことをすればいいのでしょうか?

 

 

それは、
常にお客様のニーズを最優先に考えて情報発信し続けること。

 

・どうすればお客様の悩みを解決できるのか
・どうすればお客様をもっと喜ばすことができるのか
・顧客の夢や目標の実現に自分はどう貢献できるのか

 

自分のことよりも、お客様のことを親身になって考える。

 

このように常にお客様に気を配れば信頼されるようになります。

 

この信頼を積み重ねていけば、信頼残高が積み上がり、
いつでも好きな時にオファーをしてお金に換えることができるようになります。

まずは、目先のお金よりも信頼に重点をおき、優先させて下さい。

 

 

コピーライティングで唯一無二のビジネスモデルを構築化する

 

あなたは、継続的に収入が入る仕組みを知りたいですか?

利益を生み出すのに必要不可欠なのがビジネスモデルの構築です。

 

ビジネスモデルの構築とは、

一方通行の直線でビジネスをやるのではなく、
集客とお金が循環するような仕組みを意図的に作り上げることです。

 

このオリジナルなビジネスモデルを構築することで、
たとえ個人でビジネスをやっていても仕組みをつくることで
継続的な収益を手に入れることができます。

 

 

こと
ネットビジネスですと、

少ないアクセスで大きな利益を作り上げることができるようになります。

 

 

オリジナルなビジネスモデルが構築されることによって、

同じアクセス数でも利益が何十倍と変わってくるんですね。

 

ですから、これからネットビジネスにおけるビジネスモデルの構築についてご紹介したいと思います。

 

収益が何十倍にもなるビジネスモデルの概念とは?

ビジネスモデルの構築としてフロントエンドとバックエンドという概念があります。

 

フロントエンド商品とは、集客をするための商品です。

バックエンド商品は利益を上げるための商品です。

 

 

フロントエンド商品はに徹します。

バックエンドは収益を上げることに徹する商品となります。

 

 

分けて考えることが大事で、
多くのビジネスはここが明確になってなかったりすることが多いです。

 

 

 

分かりやすい例でいうと、マクドナルドの商品戦略です。

100円バーガーを買うと必ずアップセルのオファーがあります。

 

この100円バーガーはいわゆる集客目的。

「ご一緒にポテトとお飲み物のセットはいかがですか」

これが利益を上げるアップセル、バックエンド商品になります。

 

 

ここでほとんどのお客様は単品の100円バーガーだけの購入にはならないはず。

ポテトや飲み物、あるいはセットを追加注文しますよね。

中には、100円バーガー目当てに来店したけど、
期間限定商品に目移りしたり、
お子様となら、
お子様がぐずってついで買いが発生したりします。

 

つまりは、フロントエンド商品は手に取りやすい価格、

または無料でお客様を多く集めて、

 

バックエンド商品で興味のある人にだけ別の商品(利益の高い)を買ってもらうビジネスモデルなんですね。

 

 

考えてみると、
至るところにそのビジネスモデルは存在します。

TVCMでおなじみのドモホルンリンクルもそうですね。

 

無料お試しセット()で集客し、
使用して肌に合うと実感したお客様は定額サービスを購入する(バックエンド商品)

スーパーの特売なんかもそうです。

特売品()で集客して
ついで買い(バックエンド商品I)を誘う。

 

 

このように、コピーライティングを駆使してオリジナルなビジネスモデルを構築することで
継続的な収益を得ることができるようになります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

最新記事
おすすめの記事