ブレットライティングで感情を揺さぶる書き方とは?
man write letter retro bullet on the table

あなたは、というコピーライティングスキルをご存じだろうか。

ブレットとは、商品やサービスのベネフィットを箇条書きにした文章です。

よく、ランディングページで何気に見かけているはず。

たとえば、こんな感じの文章↓

これがです。

ブレットを書くことで見込み客の感情を揺さぶるんですね。

 

もし、あなたもこんなブレットを書くことができたら、

コピーライティングスキルをグンッ!と

伸ばせると想像できませんか?

 

何より、ブレットを書くことができれば、

売れるコピーを書くことができるようになります。

 

すなわち、

あなたの収入に直結するってことです。

 

今回は、ブレットコピーライティングについてご紹介します。

 

ブレットコピーライティングはなぜ必要なのか

コピーライティングにとって、

ブレットは無視できない重要な要素になります。

 

そもそも、

ブレットとは「弾丸で相手のハートを打ち抜く」という意味合いを持ち、

ブレットコピーライティングと呼ばれるようになりました。

 

ブレットとは、
「商品やサービスのベネフィットを箇条書きにしたもの」を指します。

 

今では、ブレットというと必ずと言っていいほど

どのランディングページにも使われていますよね。

 

逆に考えると、

ブレットはそれほど重要な要素を持っているってことです。

 

ブレットによって成約率を大きく左右するから重要なんです。

 

ブレットを読むことで見込み客は感情を揺さぶられていくんです。

いいなぁ~
欲しいな~
こんなの探してた

など

 

見込み客はあなたのコピーに反応してくれます。

なぜ感情が必要なのか

ひとは感情でモノを買うから。

 

欲しいと感じるきっかけを作り出すことができるのがブレットなんですね。

 

思い出してほしい、
あなたも欲しいとおもって衝動買いしたことがあるはず。

欲しいと思って、思いついた瞬間購入してたりする.

 

ブレットが一つでも刺さると、紹介された商品が欲しくなります。
ブレットは見込み客を行動させるんですね。

 

ブレットはいろんな場面で使えます。

セールスレターや
、チラシであったり、
ダイレクトメールなど。

 

余談ですが、

海外にはブレット専門のコピーライターがいます。

それぐらいブレッドは大事なんですね。

 

なので極論を言えば、
コピーライティングとブレットのスキルを持っていれば
あなたはモノを売ることができるんです。

こういったことから、ブレットの必要性を感じ取れたのではないでしょうか。

どうやってブレットを書くのか

 

ブレットが大事なのは理解できましたよね。

 

では、どのようにブレットを書けばいいのでしょうか?

 

ブレットライティングは、3つの工程があります。

ブレットライティング3つの工程

1.ターゲットを決める

2.訴求を考える

3.ブレットを書く

1.ターゲットを決める

ターゲットを決めます。

ペルソナ設定ではなく、

ターゲットです。

 

ペルソナ設定とは、架空の人物像を想定して、

その人物像に対しユーザー目線で判断できるようになります。

 

ターゲット設定は、商品紹介で反応を上げるターゲット層を決めます。

年代や性別、年収別に書き出してあてはまるターゲットをピンポイントで設定します。

似たような分類をグループ化し、ターゲットを絞り込みます。

 

2.訴求を考える

どんなふうにメッセージを伝えるかを考えます。

人のタイプを見分けて、タイプに合った訴求を考えます。

 

訴求力をつけるには、

紹介する商品自体の特徴などを深く理解する必要があります。

反応する言葉を集めて、組み合わせていきます。

 

3.ブレットを書く

実際にブレットを書きます。

下手でもとにかく最後まで書き切ることがポイントです。

ブレットを書くにもテンプレートもあるので、

参考にしてセールスページを書きましょう。

 

量をこなすことが大事なんですね。

以上、3つの工程をたどってブレットライティングができるようになります。

ブレットを書くことができるようになれば、

あなたのセールスページの成約率が向上すること間違いなしです。

ぜひ、量産して、ブレットを書く習慣を身につけましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

最新記事
おすすめの記事